東京オリンピックの競技に新たにBMXが加わりました。1970年代にアメリカで始まって以来、今となっては世界中に広まり、子供から大人まで多くの人を魅了している、アクティビティスポーツです。しかし、BMXと聞いて完璧に答えられる人は、そう多く居ないと思います。

 

なんとなーくわかるけど、人に説明できる程詳しくないという人も多いでしょう。

 

そもそも、BMXとは、Bicycle/Motocross(バイシクル・モトクロス)の略で、20インチの小さめのホイール(車輪)を持つ競技用自転車および、競技そのもののことを意味します。

 

BMXの競技は、大きく『レース』『フリースタイル』の2つに分けられます。ただ単純に見てるだけでも楽しいとは思いますが、今回の記事は、『東京オリンピック!BMXを完全解説ルールを知れば10倍楽しくなる』をテーマに書いていきたいと思います。

 

ぜひ最後までお付き合い頂き、BMXを10倍楽しく観戦していただければと思います。

 

 

東京オリンピック新競技BMXを完全解説!

東京オリンピック!BMXを完全解説していきますが、言葉であーだこーだ言っても中々分かりずらい部分もあるかと思います。国内最高レベルの、トリックが見れるBMXのエアトリックshowの動画があるので、こちらをご覧いただきある程度のイメージはしやすいかと思います。約2分ほどの動画です。

 

冒頭でも述べましたが、BMXの競技には2つの種類があり、レースとフリースタイルでしたね。BMXのレースは、他の競技と違いただ単純に速さを競うだけではなく、非常にエキサイティングなものです。

 

「詳しく教えてくれるか?」

 

もちろんです。(笑)BMXの完全解説がテーマですからね。

 

スポンサーリンク

 

BMXの競技の種類『レース』

東京オリンピック BMX  レース

                引用元:https://tokyo2020.org/jp/games/sport/olympic/road-…

 

BMXの競技の種類『レース』は、ただ単に平坦なコースを周回するだけのレースではなく、土やアスファルトで作られたジャンプ台やコーナなどがある1週300m〜400mのオフロードのコースを、最大8人の選手が一斉に滑走します。

 

コースには様々な形状のジャンプ台やバームと呼ばれるコーナー、コブと言った障害物がありそれらをうまくコントロールしながら走る様は、まさにエキサイティング。また、タイムではなく順位で争われるためバランス感覚や高度なテクニック、選手同ぢの駆け引きが見所ですよ。

 

レーススタイルは、スーパーモトクロスと呼ばれる、巨大なスタートヒルから猛スピードで駆け下りビッグジャンプを飛んでいく、超迫力のあるスタイルが主流となってきていて、東京オリンピックのBMXの競技もこのスタイルです。

スポンサーリンク

 

 

BMXの競技の種類『フリースタイル』

東京オリンピック BMX  フリースタイル

                  引用元:https://www.cyclowired.jp/news/node/234767

BMX競技の種類『フリースタイル』は、分かりやすく例えるとフィギュアスケートをイメージすれば分かりやすいかと思います。BMXのフリースタイルは自転車のフィギュアスケートと言われています。

 

BMXのフリースタイルは5つの種目に分けられていてフラットランド・パーク・ダート・ストリート・ヴァートの5つに分けられます。1つずつ説明していきましょう。

フラットランド

東京オリンピックBMX フラットランド

                  引用元:https://www.cyclowired.jp/news/node/85203

自転車のフィギュアスケートと呼ばれる、平坦な場所でトリッキーな技を競い合う競技です。技単体の難易度や演技の全体の構成、オリジナリティーやスタイルといった要素で評価されます。

BMXを知らない人からすると、”嘘つくなっ!”って思うかも知れませんがハンドルが一回転するんですよね。最近では、バイク(車体)やハンドルを回転させるトリックの”フリップ”やペグと呼ばれるステップの上で体の向きを変える”バリアル”というトリックが高く評価される傾向なあります。(ペグについては、アラフォー世代の人は輪からかと思いますが、学生の頃自転車で2人乗りするときに後輪のとこにつけてたスッテプをイメージすれば分かりやすいかと(笑)あれの、ぶっといのが前後の車輪のとこについます)

パーク

東京オリンピック BMX  パーク

              引用元:https://jcf.or.jp/%E7%AC%AC%EF%BC%91%E5%9B%9E%E5%8…

BMXのパークは一言でいうなら、東京オリンピックの正式種目に決定した、スケートボードの種目の一つパークの自転車(BMX)バージョンですね。スケートボードやインラインスケートなどで滑るボウル・スケートパーク(競技専用施設)でジャンプ台を利用し、空中でトリックを(技)を披露してその技の難易度や完成度を競う競技です。

 

独創性・演技の構成やスタイル・エアートリックの高さや完成度・スピードなどが総合的に評価されます。スケートボードのパークについては、こちらの記事で詳しく解説しています。東京オリンピック正式種目に決定した4競技16種目について解説

ダート

東京オリンピック BMX ダート

                 引用元:https://cyclestyle.net/article/img/2015/10/20/2893…

ダートとは泥や土、埃などを意味し道路であれば未舗装の事をさします。スポーツのジャンルで使われる場合はダートコースをさすことが多く、競技用に土などを敷き詰めたコースを意味します。

 

森や河川敷などに土を盛り作られたコースを、ジャンプ台を豪快にジャンプしながら駆け抜けていく競技で、大自然の中をBMXが空を舞い華麗にトリックを決める姿は迫力満点ですよ。

 

ストリート

東京オリンピック BMX ストリート

                    引用元:https://fineplay.me/bmx/18920/

BMXのフリースタイルのストリートも、スケートボードのストリートをイメージしてもらえれば分かりやすいかと思います。

 

主に街中(ストリート)でのライディングをさします。パーク(競技用施設)と違い街中にある縁石、階段や手すり・壁などの地形や構造物を利用して、思いつくままにトリック(技)を決めていきます。

 

「もっと分かりやすく説明しやがれっ💢」

 

分かりました。もう少し具体的に説明しましょう。

 

階段などの段差を利用して飛んだり、手すりにペグと呼ばれるステップを引っ掛けて滑ったり、はたまた勢いをつけて壁を登ったりします。基本となるトリックバニーホップと呼ばれるジャンプで飛んで、車体を180度回して手すりを滑ったりトリックの種類は沢山あるのでここでは割愛します。また別の記事で基本となるトリックを紹介したいと思います。

ヴァート

東京オリンピック BMX ヴァート

                   引用元:https://melos.media/children/24689/

BMXのフリースタイルの種目のヴァートは、スノーボードのハーフパイプを思い浮かべてもらえれば分かりやすいかと思います。ランプ(ハーフパイプ)やクォーターパイプなどを使用して、空高く舞い空中でトリックを繰り出し高さや完成度などを競います。

 

スノーボードやスケートボードなどと共通のジャンプ中に、縦回転する『バックフリップ』や横回転の『360』サブロクなど、BMX,だけの独特のトリック自転車のみを回転させる『テールウィップ』やハンドルだけを回す『バースピン』など難しいトリックを組み合わせたパフォーマンスを披露します。

BMXのルールを知れば10倍楽しくなる!

東京オリンピック!BMXを完全解説してきましたが、観戦していてもルールが頭に入ってないとイマイチ楽しめませんよね?どうせなら基本的なルール、競技の方法などある程度知れば10倍楽しくなると思いますので、早速解説していきましょう。

 

まず、BMXのレース競技の方法ですが、短距離のコースであるため最短の良い走行ラインを確保が勝利へ繋がるため、スタートが最重要とされています。そのためフライング防止の為、電子制御のゲートが倒れるようになっています。ゲートに前輪を押し付けペダルに乗ったままの姿勢で、スタートの合図とゲートの動きに合わせて一斉にスタートするスタンディング・スタートが採用されています。

 

競技に使われる自転車ですが、実はブレーキが付いてないってご存知でしたか?普通なら街中で乗る自転車にはブレーキをつけるのは、当たり前のルールですが競技用の自転車にはブレーキをつけないのがルールなんですね。

 

その理由は、『事故防止』が挙げられます。選手が集団で接近しながら走るのでレース中の急ブレーキをかけると、大事故につながるのでブレーキは外してあるんですね。

 

オリンピックに参加するために、競技者は国内連盟の発行するライセンスを保有しなければ行かないルールがあります。つまり代表選手の選考会で勝利したからといってオリンピックに出れるわけではないんですね。BMXフリースタイル競技は、最少15歳に達していなければならないルールも忘れてはいけません。

 

フリースタイルのパークの競技方法ですが、各選手1分間の演技を2回行い、合計得点を競います。パーク競技におけるヒートは2人〜5人の競技者からなるグループで行われる。

 

勝敗を決める鍵は、高難度の技や組み合わせをいかに、ミスなくどれだけメイクできるかにかかっています。たとえ高難度のトリックに挑戦しても、ライディング中に転んでしまうと25%減点されるなど、細かい採点基準が設定されています。

スポンサーリンク

 

東京オリンピック!BMXを完全解説のまとめ

さて、東京オリンピック!BMXを完全解説してきましたが、ちゃんと理解できましたでしょうか?

 

「最初の方なんか忘れてもーたわっ」

 

では、おさらいしましょう(笑)

 

  1. BMXとはバイシクル・モトクロスの略。
  2. BMXの競技の種類は『レース』『フリースタイル』の2種類。
  3. 『レース』はオフロードのコースを8人で走り抜ける。
  4. 『フリースタイル』は、フラットランド・パーク・ダート・ストリート・ヴァートの5種類。
  5. 東京オリンピックでは、『レース』と『フリースタイル』のパークが採用。
  6. オリンピック出場者は連盟のライセンス保持者。
  7. 競技用車両は事故防止の為、ブレーキがない。

 

最低限これだけ覚えておけば、東京オリンピックが10倍楽しくなるルールやBMXに付いて解説してきました。しかし現段階で調べた限りの内容です。新たにオリンピックルールなど分かりましたら追記していきたいと思いますのでチェックしていただければと思います。

 

最後までお付き合い頂きありがとうございました。