ゴルフ界の重鎮、尾崎3兄弟の次男であるジェット尾崎こと、尾崎健夫さんですが彼が癌を患い現在の生活がヤバイとの噂は本当なのでしょうか?それだけでなく、度重なる不幸で娘が警察に逮捕されたとの報道もありました。

 

尾崎健夫さんが癌に本当に冒されているのか、また娘が逮捕された理由などについて書いていきたいと思います。

 

最後までお付き合い頂ければと思います。

 

 

尾崎健夫が癌に冒される?

ジャンボ尾崎こと尾崎将司さんの弟でプロゴルファーの尾崎健夫さんについて、調べていたら癌というキーワードが出てきたので尾崎健夫さんが癌に冒されたのかと思っていたら、どうやら奥さんが癌で闘病生活を送っておられたから癌というキーワードが出てきたみたいです。

 

奥さんは一般の方なのかい?」

 

どうやら芸能人の方なのですが、まずは尾崎健夫さんの紹介をしたいと思います。

 

尾崎健夫 坂口杏里 義父

               引用元:https://news.golfdigest.co.jp/jpga/2523/article/35…

名前:尾崎健夫(おざきたけお)

生年月日:1954年1月9日

身長:181cm

体重:81kg

出身地:徳島県

愛称:ジェット尾崎

兄はジャンボ尾崎こと尾崎将司さん、弟は尾崎直道さん。愛称のジェット尾崎の由来はドライバーショットがジェット機のように強烈なことからきています。

 

尾崎健夫さんの奧さんで、癌に犯され闘病生活を送っていたのは、女優の坂口良子さんなんですね。数々のドラマに出演されていた日本を代表する美人女優さんでしたね。

 

坂口良子 写真

                   引用元:http://odekososo.com/archives/238

本名:野澤良子(のざわりょうこ)

生年月日:1955年10月23日〜2013年3月27日没(57歳)

出身地:北海道余市郡

配偶者:田山恒彦1986年〜1994年

    尾崎健夫2012年〜2013年

尾崎健夫さんは初婚、坂口良子さんは再婚で2012年に結婚されていますが、坂口良子さんは2013年に亡くなられているので、尾崎健夫さんと結婚してすぐに癌が見つかったそうです。これから2人で第2に人生を歩いて行こうと思った矢先に癌が見つかるなんて神様はなんて残酷なんでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

尾崎健夫の現在の生活がヤバイ?

結婚してわずか半年で、最愛の妻を亡くした尾崎健夫さんの現在の生活がヤバイとの情報が出てましたが、一体どういうことなのか見ていきましょう。

 

プロゴルファーとして活躍されていた尾崎健夫さんですが、2008年には賞金7700万を獲得されています。プロゴルファーともなれば、賞金だけでなくスポンサー料など巨額の年収を得ることができますよね。

 

現在の生活は、お二人が住んでいた自宅マンションを売却し、全ての財産を子供たちへ渡してご自身は、独身時代に住んでいたマンションに引越しプロゴルファーとして復帰を果たしシニアツアーを転戦されているそうです。

スポンサーリンク

 

尾崎健夫の娘は坂口杏里!逮捕の理由は?

坂口杏里 逮捕 ニュース

             引用元:https://www.nagoyatv.com/news/syakai.html?id=00016…

尾崎健夫さんの奥さんは、女優の坂口良子さんなので娘は元タレントの坂口杏里さんですが、またしても警察に逮捕されるというニュースが流れてきました。その逮捕の理由というのが、元交際相手の自宅マンションに侵入した容疑で逮捕されています。

 

侵入した理由というのが、貸したタクシー代を返して欲しかったとのこと。

 

しかし、度重なる男性トラブルでの逮捕のニュースを見るたびに、言葉は悪いですが、

 

「天国にいるお母さん泣いてるでっ」

 

って思ってる人は沢山のいてると思いますし、もっと男性を見る眼を養ってほしいと願うばかりです。

スポンサーリンク

 

まとめ

最後におさらいしますね。

  • 尾崎健夫さんの妻は坂口良子さん。
  • 坂口良子さんが癌に犯され結婚半年で他界。
  • 尾崎健夫さんの娘は坂口杏里さん。
  • 坂口良子さんと死別後財産は子供達に全て譲渡。
  • プロゴルファーに復帰し、ツアーを転戦。
  • 娘が男性トラブルでまた逮捕。
  • 逮捕の理由は住居侵入容疑

母親である坂口良子さんが亡くなってから、どうも歯車が狂いはじめ悪い男に騙されて、転落人生を歩んでしまっていますね。義父である尾崎健夫さんは、最愛の妻をガンで亡くしましたが、プロに復帰し前を向いてまた新しい人生を歩んでいます。

 

尾崎健夫・坂口杏里親子に幸せが訪れることを願うばかりです。

 

最後までお付き合い頂きありがとうございました。