いじめが原因で子供が命を絶つニュースがあとを立たないのに、いい歳の大人がいじめをするというだけでも驚きを隠せませんが、いじめを行なっていたのが小学校の教師と聞いてさらに驚きました。

 

いじめの内容を知ると、もはや集団暴行といっても過言ではないと思います。暴行罪での立件は可能と思いますが、加害者教師に処分は下るのでしょうか?あわせて読みたい⬇︎

神戸須磨区の集団暴行事件の加害者教師の処分は?市教委の対応に激怒

 

事件があったのは、神戸市の東須磨小学校で教員間のいじめと報道されていますが、被害者の教員は刑事告訴も検討しているとのことですが、事件内容を簡単に説明すると4人の先輩教師が1人の後輩教師に対して、羽交い締めにして激辛カレーを無理やり食べさしたり、激辛ラーメンの汁を目に押し付けたりしたとのことです。

 

しかし、加害者教師の名前が公表されないことに対して、ネット上では炎上しています。これはもう刑事事件だという人も多いのに報道ではモザイクがかかっており、加害者教師の名前が公表されにことに何か闇を感じてしまいます。

 

闇とは一体なんなのか?事件についても詳しくみていきたいと思います。

 

最後までお付き合いいただければと思います。

東須磨小学校の集団暴行事件の概要

暴行受ける 様子

     引用元:https://windy-windy.net/higashishudanboukousatsuji…

報道されている東須磨小学校の集団暴行問題の概要を簡単にまとめてみましょう。

 

市教委によると、嫌がらせをしたのは30代男性3人と40代女性1人の計4人。嫌がらせは昨年から始まり、被害者側と加害者側からの聞き取りの結果、さまざまないじめが確認された。

「ハゲ」「ボケ」「クズ」「カス」といった人格を否定するような発言や酒席で「もっと飲め」と強要。無料通信アプリ「LINE」で別の女性教員に無理やり性的メッセージを送らせたほか、被害を受けた男性教諭の所有車の上に乗ったり、蹴ったり、車内で故意に飲み物をこぼしたという。また、コピー用紙の芯でおしりをたたいたり、足を踏みつけたり、ひじで背中をグリグリ押す暴力行為なども確認された。このほか、被害を受けた男性教諭は「激辛ラーメンの汁を目や唇に塗りたくってきた」と訴えているという。

市教委によると、学校側が4人の嫌がらせ行為を把握したのは今年6月。別の教員から「過度なからかいがある」などと申し出があり、調査した結果、嫌がらせ行為を確認し、7月に校長が4人を個別指導した。被害を受けた教諭も「大丈夫です」と答えていたため、学校側は「人間関係のトラブルがあったが、指導して解決した」と市教委に報告した。目に見える嫌がらせはなくなったものの、実際はその後も加害者側から「謝ってほしいなら謝ってやる」といった暴言があった。9月に被害者側の家族から直接訴えがあったため、市教委が調査を始めた。

2018年から2019年にかけて30代から40代の同僚の教師4人から、集団で暴行を受けていた事件です。神戸市教育委員会によると暴行を受けていたのは、神戸市須磨区の東須磨小学校に勤務する、20代の男性教師で精神を病み9月から学校を休んで療養しているとのことですが、刑事告訴も検討しています。

 

報道ではいじめとされていますが、その内容を知ればいじめというものではないということがわかるかと思います。

 

では、20代の男性教諭が受けていたいじめの内容をまとめたいと思います。

■激辛カレーを無理やり食べさせる。

■羽交い締めにして激辛ラーメンに汁を目に擦り付ける。

■車に傷をつける。

■車内にわざと飲み物をこぼす。

■コピー用紙の芯で尻を叩き腫れさせる。

■LINEで別の女性教師にわいせつな文章を送らせる。

このような内容以外にも集団暴行といってもいいようないじめを繰り返していたそうですが、勤務先の学校は何も対応していなかったのでしょうか?

 

学校側の対応は、一連の行為について別に教員からの相談がきっかけで、2019年6月に事態を把握し2019年7月に人間関係のトラブルということだけを神戸市の教育委員会に報告していたとされます。

 

いやいや、ちょっ待てよ 間関係のトラブルてことで簡単に済ませてる場合じゃないだろっ💢

 

しかも、きちんと調査に乗り出したのは被害にあわれた男性教師の家族から、教育委員会に連絡があったので家族からの連絡がなければ、闇に葬り去られていた可能性も否めませんね。

加害者教師の名前が公表されない闇とは?

名前 公表されない 覗く仕草

    引用元:https://www.huffingtonpost.jp/2015/10/06/tokyo-oly…

これだけ、大々的に報道されているのにも関わらず、画像にはモザイクがかけられ、名前すら公表されていないのに多くの人が疑問に思っています。少年法に守られている未成年でもあるまいしイジメを通り越して集団暴行事件だと思うので、顔のモザイクも外し、きちんと名前も公表するべきです。

 

こうなってくると、権力を持った人間による圧力がかかってるのか?とも思ってしまいます。

 

ここからは憶測でしかありませんが、加害者教師の名前が公表されない闇って、加害者の誰かの親が教育委員会の偉いさんだとか?権力を持った親を持つと子供って何しても許されると勘違いを起こして、イジメなどをしてしまうのでしょう。

 

もし、加害者教師の名前が公表されない闇が、加害者の誰かの親による圧力だとすると、一大スキャンダルに発展しそうですね。子供を可愛がる親の気持ちはわかりますが、きちんと罰を受けさせるのが本当の親の愛情じゃないでしょうか?

 

まぁ、ただの一個人の憶測の範疇ですがね。

 

ツイッターの反応は?

ツイッターの反応は、やはり加害者に対して厳しい意見が大半を締めますが、中には名前を公表するべきではないとに意見もありました。他にはどんな意見があったのかまとめてみました。

 

 

まとめ

イジメをしてはいけませんと教える側の教師が、イジメをするというなんとも腹ただしい事件ですが、なぜこのような事件が起きてしまうのか理解に苦しみますが、被害者の男性教師が精神的に追い込まれて、自らの命を断つような行動をしなかったのがせめてもの救いですね。

 

ツイッターでの意見の中には、子供の気持ちを考えて名前は公表するべきではないともありましたが、個人的には公表するべきだと思います。でなければ、加害者を守るというおかしな風潮がいつまで経っても消えず、このような腹ただしい事件はなくならないと思うからです。

 

被害者が1日も早く笑顔で職場に復帰できることを祈ります

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。