ゼクシーのCMで、11代目のゼクシーガールの相手役の爽やかなイケメンで人気の細田善彦さん。その細田善彦さんが、2019年公開の映画『武蔵』で主役に抜擢されましたね。

その演技力が気になるところですね。ということで今回はその辺について書いていきたいと思います。

細田善彦、プロフィール

名前:細田善彦  (細田よしひこ)別名義でスターダストプロモーションに所属していたが、2014年4月から現名義で活動。

生年月日:1988年3月4日(30歳)

出身地:東京都

身長:182センチ

血液型:O型

所属事務所:アルファーエージェンシー

引用元:Wikipedia

身長が182センチとモデル並みですが、モデル出身ではないんですね。十分モデルでも通用しそうですが、2004年にNTT東日本のCMでデビューしよく2005年から俳優として活動しています。

引用元:https://entertainmentstation.jp/202952/gallery/203…

 

 

細田善彦の実家が、有名な老舗和菓子店!

細田善彦さんの実家が、榮太棲総本舗(えいたろう、そうほんぽ)という1818年創業のおよそ200年続く和菓子店で、元々は屋台でお餅を売っていたのが始まりみたいですね。

細田善彦さんは3兄弟の次男なので、お兄様が継ぐことになるでしょうね。やはり顔に出るんでしょうね。代々続く由緒ある家柄でお金持ちのオーラが出てますね。

引用元:http://yuimamablog.com/archives/4399

スポンサーリンク


 

細田善彦の学歴も凄い!

実家が凄ければ、学歴も凄いですね。

なんと、小学校から慶應義塾幼稚舎に通い、慶應義塾大学を卒業していますね。

他の卒業生をみてみると、小泉純一郎元総理、櫻井翔、ミッツマングローブなどが卒業しています。

財閥の跡取り息子やお嬢様のイメージですね。

由緒ある家柄のご子息なので納得できますね。

引用元:https://school-navi.org/university/report/1412/

細田善彦の過去の出演した作品は?

由緒ある家柄のご子息で、慶應義塾大学を卒業した慶應ボーイの出演した作品とその演技力も気になりますよね。

2007年の北乃きいさん主演のドラマ『ライフ』が有名ですね。

爽やかイケメンの面影が全くないですね。気持ち悪いほど裏表を通り越してますね。視聴者が気持ち悪いと思うほど演技が素晴らしいということですね。

他にも映画『デトロイト・メタル・シティ』や『大奥』『Dr.コトー診療所』など視聴者の印象に残る演技で存在感のある素晴らしい俳優さんですね。

恋ダンスが有名なドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』で主人公:森山みくりの兄、森山ちがやを演じていました。

細田善彦の素晴らしい演技力に注目!

『ライフ』では、サディスティックな役で気持ち悪いとのイメージがつくほどの演技でしたが、他にはどんな役をしていたのかみてみましょう。

ドラマ『民衆の敵』では、秘書役を演じていましたね。秘書というお堅い役でも違和感なく演技されてましたが、家柄がいいからなのかなと個人的には感じましたね。

映画『僕の初恋をキミに捧ぐ』では、主人公のチャラすぎる先輩を演じていました。爽やかな好青年なイメージが強いですがチャラい役も難なくこなすので演技力は素晴らしく定評があるみたいですね。

他にも、大河ドラマ、『花燃ゆ』や『真田丸』にも出演して実力派の俳優ということもあり、映画『武蔵』での主役抜擢に繋がったんではないでしょうか。

スポンサーリンク

細田善彦、脇役から主役へ!

数々の作品に出演されてきた細田善彦さんですが、名脇役としての存在感があり演技力も素晴らしいとのことで、今回主役に抜擢されたのではないでしょうか。

公開が待ち遠しいですね。

 

まとめ

今回は細田善彦さんについて、まとめてみました。

実家が由緒ある家柄で200年つづく、老舗の和菓子屋。

エスカレーター式で慶應義塾大学を卒業の高学歴。

ドラマ『ライフ』では、気持ち悪いとの声が高かった、佐古くんを熱演!

映画『武蔵』で主演に抜擢!

イケメンで慶應ボーイそして華麗なる一族の細田善彦さん、今後はトーク力も備えてバラエティーにも出てくる日も近いかもしれませんね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。