阪神タイガースのレジェンドの鳥谷敬が、昨年8月29日に球団社長から引退勧告を受け、事実上の戦力外通告を受けましたが、鳥谷敬は元気なうちは野球を続けたいと、ユニフォームを脱ぐことを拒否し現役続行を希望していました。

 

セ・パどの球団でも話があれば年棒などに拘らず、移籍する考えでしたが世代交代などの球界の空気などが逆風になり、難航していましたが移籍先が千葉ロッテマリーンズに決まりました。

 

新天地の千葉ロッテマリーンズでの、ポジションや年棒についてまとめてみました。

鳥谷敬の移籍先が千葉ロッテマリーンズに!

昨年限りで阪神タイガースを退団し、自由契約となっていた鳥谷敬内野手の移籍先が千葉ロッテマリーンズに決まり、阪神タイガースを退団して、そのままユニフォームを脱ぐのでは?と感じていたファンには嬉しいニュースですよね。

 

38歳と決して若くはない年齢ですが、オフシーズンでも体を虐め抜き体を作り上げ、現役続行の道を新天地千葉でプロ17年めを迎えます。

新天地・千葉ロッテマリーンズでのポジションはどこ?

千葉ロッテに入団が決まっても1軍で活躍しなければ、またいつ、戦力外通告を受けるかもしれません。

 

新天地・千葉ロッテマリーンズでのポジションだどこになるのでしょうか?

 

鳥谷敬は、ショートも守れますし。2017年には三塁手でゴールデンクラブ賞を受賞していますし、そして2013年にはWBCで二塁手を務め内野は、どこのポジションもこなせるマルチプレイヤーなので、若い選手に負けない体力をつければ1軍での活躍も期待できるでしょう。

 

個人的な意見としては、ゴールデンクラブ賞を5度受賞しているショートになるのでは?と思っています。

 

スポンサーリンク

鳥谷敬の千葉ロッテマリーンズでの年棒は?

気になる、新天地・千葉ロッテマリーンズでの年棒ですが、これまでの年棒の推移をみてみましょう。

2018年・4億円

2017年・4億円

2016年・4億円

2015年・4億円

2014年・3億円

2013年・2億8000万円

2012年・3億円

2011年・2億6000万円

2010年・1億6000万円

2009年・1億3000万円

2008年・9100万円

2007年・7000万円

2006年・3800万円

2005年・2000万円

2004年・1500万円

2003年・契約金1億円

となっており、合計総額は32億6400万円プラス契約金(推定)となっていますが、新天地でどれだけ活躍するかは、まだわかりませんし、ライバルたちにポジション争いで負ければ、2軍生活も考えられます。

 

他の選手でみてみると、松坂選手を例に挙げると、2015年にFAでメジャーからソフトバンクに移籍しましたが、その時の年棒は3年契約の4億円で契約していますが、3年で1軍登録はなんと1試合のみでした。

 

翌年には中日に移籍していますが、年棒1500万円で契約しましたね。

 

おそらく、鳥谷敬も1400万から1700万くらいの年棒になるのでは?と予測します。

 

全盛期から比べると年棒は激減ですが、お金ではなくただ単純に、まだまだ野球を楽しみたいという気持ちが強いので、千葉ロッテマリーンズのファンに素晴らしいプレーを見せて欲しいと思います。

スポンサーリンク

千葉ロッテマリーンズ移籍に鳥谷ファンの反応は?

虎一筋で頑張ってきた鳥谷敬ですが、千葉ロッテマリーンズに移籍のニュースを見てファンの反応はどうなんでしょうか?

ファンなので、彼の望み通り現役続行に決まったことは嬉しい。
ロッテのいろんなチーム事情もあるだろうが、38という年齢であきらめず、準備していたからチャンスが転がり込んできたんだと思う。
鳥谷らしい気もする。

阪神ファンとしては、関東出身の彼がわざわざ関西の阪神を選んでくれたこと、その阪神で名球会入りを達成してくれたこと、絶対に忘れない。
頑張れ鳥谷!!

 

また、ユニフォーム着てプレーしている鳥谷を見れる嬉しさは半端ない。同じ縦縞だしね。

若手も鳥谷ほどの実績を持つ選手のプレーを間近で見れるのは今後の糧になるはずだし。
現役もあと何年続けられるか分からないけど、残り少ない現役生活を悔いなくプレーして欲しい。

 

 

所属先が見つからないままフェードアウト…っていう事にならなくて本当に良かったです。
阪神ファンとしては寂しさもありますが、プロの世界で頑張る鳥谷をまだ見続けられる事の喜びが勝ります。
尊敬する井口監督のもと、のびのびと活躍してくれることを期待しています!

 

 

巨人ファンですが、鳥谷の去就に関心を持っていました。加齢からくる諸々の衰えはしょうがないとして、2000本安打や連続試合出場などの実績は野球という仕事に真摯に取り組んで来たことの表れ。鳥谷のやっていることが他の選手に影響を与えロッテの優勝に貢献することは間違いない。

 

他球団のファンや鳥谷ファンでもない人たちも、動向が気になっていたようで、現役続行にみなさん喜んでいますね。2000本安打などの、素晴らしい記録も並大抵の努力では樹立出来ないものですし、これからも新天地・千葉ロッテマリーンズで沢山の野球ファンを感動させて欲しいものですね。