先日テレビを見ていて、いい気がしないニュースが流れてました。東京都港区民が子ども家庭総合支援センター建設反対する理由があまりにも自分勝手すぎて酷すぎると感じました。他の人はどのように感じたのかまとめてみました。

東京の港区ってどんな所?

東京都の特別区の一つで、大企業の本社が多い区で、白金台という高級住宅街があり駐日大使館や外資系企業も多く、、お金持ちの街ってイメージですかね。

港区の平均所得は1115万755円で全国1位(2017年総務省調べ)

社長が住む街・2488人で全国1位(2017東京商工リサーチ調べ

東京港区・南青山に子ども家庭総合支援センター建設

お洒落な洗練された場所に憧れを、抱く『港区女子』なる言葉も生まれ、そんな港区・南青山の超一等地に『児童相談所』やDV被害者を一時保護する、母子生活支援施設などが入る、『子ども家庭総合支援センター』を、総工費約100億円かけて建設を予定しています。

支援センター

    引用元:https://news.nifty.com/article/domestic/society/12…

子ども家庭総合支援センターの建設予定地は?南青山用地での整備理由

乳幼児親子や児童たちが、利用する施設なので建物自体が中低層であるのが望ましく、延べ床面積が最低でも5000平方メートルを必要とするので、閑静な立地で親子連れが安心して施設を利用でき、また保護を必要とする児童や親子が生活するにも、適した環境であることが理由に挙げられます。

建物の大きさは、約3200平方メートルの土地に地上4階建ての施設になります。

 

 

周りには保育園や学校もあり子育てをするにはいい環境の場所ですね。

スポンサーリンク

子ども家庭総合支援センター建設に反対する港区民の理由が酷すぎる!

自分たちは、選ばれた人間だとも感じ取れる、子ども家庭総合センター建設に反対する港区民の理由が、あまりにも酷いと感じました。

誤解の無いように言っておきますが、すべての港区民が、このように思っているのではなく、一部の港区民だということを理解してくださいね。

ランチ単価が1600円もする場所に子どもを連れてこないで

ネギ1つ買うのも紀伊国屋に行く場所なのに、生活に困窮してる方は似合わない

世界的ブランドが集まる場所にそんな施設は似合わない

南青山のブランド価値が下がる

土地の価値が下がる

表参道の超一等地にそういう施設を持ってくると港区の価値が下がる

物価が高く、学校レベルも高い、習い事をしてる子も多い施設のこがくると辛くなる、南青山のブランドイメージを下げないで

など、極一部の港区民の意見ですが、

自分達さえ良ければいい?反対理由が酷すぎてネットでは批判の声

ランチが1600円だから何?その贅沢なランチ代を半分でも恵まれない子供達に寄付とか、すればいいのにって思ったのは僕だけかな?そういう思いやりの心が無いのは本当に悲しくなります。少額でも恵まれない子供達に使ってあげれば、今度はその子供達が、大人になった時に自分が受けた恩を、還そうとして全体的にいい方向に向かうと思うんですがね。

南青山のブランド価値下げないでの発言が価値を下げていると批判の声!

港区の価値を守るつもりでの発言なんでしょうけど、自分達で自分達の首を締めていますね。

スポンサーリンク

子ども家庭総合支援センター建設賛成の意見が心温まる

■児童虐待という社会問題から目を背けたく無い。自分の子供のように周りの子供も助けてあげたい。

■虐待を受けている子供を見捨てられない。虐待に加担している行為と同じだ。

など、すべての港区民が反対ではなく、賛成の意見もあることにネット上でも安堵の声が上がってます。

一部の心無い方の発言が、取り沙汰されてますが、やはり賛成派の心温まる発言も報道して欲しいと感じました。子供を持つ親として胸を張って言えない事は発言したくないし、自分の子供がこう言った意見を聞いた時に、哀しい気持ちになると思うし、そういう気持ちにさせてはいけないと思いました。

児童相談所など、こういった施設が必要ない社会であることが望ましいですが、一人でも多くの子供達が笑顔になれる社会であって欲しいですね。