2019年1月8日に、NGT48の山口真帆さんが、意味深な動画をアップしたことにより事件が明るみになりました。もしかしたらアイドル会を揺るがす特大スキャンダルになりかねない、NGT48山口真帆さん暴行事件についてわかりやすくまとめ、皆の意見についてもまとめてみました。

NGT48山口真帆暴行事件の経緯!

NGT48の山口真帆さん自身が、動画をネット上にアップしたことから、事件が明るみに出たわけですが、事件は動画がアップされる1ヶ月前の2018年12月8日に起きました。

公演終了後、帰宅した時にいつも通りに、廊下に誰もいないことを、きちんと確認した後に部屋のドアを開け、閉めようとした時にいきなり男性の手が出てきて、そのまま部屋のドアをこじ開けられてしまいました。

顔をつかまれ押し倒されそうになりながらも、必死に抵抗し部屋の外に追い出そうとしました。が何と違う男性が向かいの部屋から出てきました。

しかも、衝撃的なのが、その向かいの部屋というのが、違うメンバーが住んでいた部屋でした。

最初の男に代わり、顔を掴み口も塞がれそのまま部屋に閉じ込められ、殺されるかと思ったそうです。

暴行事件後、NGT48の山口真帆さんは、支配人である今村悦郎氏にもとめました。がしかし1ヶ月たっても何も対処してくれずネットに動画をアップしました。

まほほん号泣配信 1/2 pic.twitter.com/ob1xlohj4z

— (/ω\) (@korokoromilky) 2019年1月8日

 

 

NGT48の山口真帆に暴行した犯人は?

NGT48の山口真帆さんに、暴行を加えた犯人は20代の無職の男性と、同じく20代の大学生の男性2人は、事件のあった12月8日の翌9日に暴行容疑で新潟県県警に逮捕されています。

しかし、12月28日に新潟地検は容疑者2人を不起訴とし、身柄を釈放しています。

ここからは僕個人の意見なんですが、まず最初にこのNGT48の山口真帆さんの暴行事件をみて率直に思ったことですが、容疑者逮捕とあるのに、名前が出ていないことに疑問を持ちました。

20代とあるので、成人している訳やし少年法で守る必要もないし、おかしいと思うんですよね。だって普通ニュースみてても何々の容疑で〇〇容疑者を逮捕!て実名が出るのに今回のNGT48の山口真帆さん暴行事件の犯人の実名が出ていないことがおかしいと感じ、なんかアイドル業界の深い闇みたいなのを感じましたね。

まほほんの暴行事件をNHKが昼のニュースで報道。警察への取材により犯人は25歳の男二人と判明。事件が事実であったことが確定

【続報】NGT48山口真帆が号泣配信→暴行事件被害を激白 個人情報漏洩で自宅襲撃、メンバー共犯でNGT解散の危機か 48ers [フォーティーエイターズ] https://t.co/jJfRnvw1kS pic.twitter.com/6UaM39rPiT

— 48ers staff (@forty_eighters) 2019年1月9日

スポンサーリンク

 

 

 

 

暴行事件後、運営側の対処と対応策に批判!

暴行の被害に遭われた、NGT48の山口真帆さんですが、ファンの方にNGT48を嫌いにほしくないし、やはりお世話になっている方々にも迷惑をかけたくないとの思いで、命を危険にも晒されたのにも関わらず、ずっと口を紡いでいました。

支配人である今村悦郎氏は、警察からも事件に関与しているメンバーのことも全て聞いていて、NGTをクリーンなグループにして悪いことをしているメンバーを解雇すると約束したそうです。

今村悦郎氏の言葉を信じ、1ヶ月待ったが何の動きもないことに、運営側に不信感を抱き、今後他のメンバーが自分と同じ目に遭ってほしくないと、勇気を出しSNSに動画をアップし事件を告白しました。

1月10日に、NGT48劇場で行われたグループの3周年記念公演に出演。そして自身が発信した動画が、騒動になったことを謝罪した。

 

暴行の被害に遭った被害者が、謝罪する必要はどこにもないし、そもそも運営側が謝罪するべきです。1月8日にアップされた動画と謝罪動画を見ると、まるで別人のようにやせ細っているのがわかります。

また、運営側は、今回の暴行事件の今後の対応については、メンバー全員に防犯ベルの支給、各自宅への巡回等の対応をするとのこと。

ここからは僕個人の意見です。

今回のNGT48山口真帆さんの暴行事件に限ったことではないけど、対応が遅すぎる。日大のタックル問題の時もそうでしたけど、タックルをした選手がバッシング覚悟で謝罪会見したのに、監督コーチはノラリクラリと逃げてた。

だからあそこまで大騒動になったと思う。今回も被害者が謝罪をした後に運営側が謝罪会見を開くって対応遅すぎると思う。しかも、防犯ベルの支給ってイキナリ背後から襲われたら、腰抜かすと思うし、震えて防犯ベルなんて鳴らす余裕なんてないと思う。

運営側の対処と対応策についてネットの声をまとめます。

身内に住所リークされてんのに防犯ベル鳴らせば大丈夫なのか

— はた (@52348Hatars) 2019年1月10日

防犯ベル持たせるて、児童か?
今回携帯取られたでしょ

それに巡回って、尾けられたら二の舞やん
相当な工夫必要だろ

それよりも、もっと本質的なところあるだろ

こんなニワカな防止策じゃダメ🙅‍♂️#NGT48

— だだん#JusticeForMahohon (@mitu4635) 2019年1月10日

いい歳した大人が出した答えが、防犯ベルって馬鹿にしてんのかって声が多くみられました。そもそも悪いことをしてるメンバーを解雇するっていうてたからメンバー内に共犯がいると考えられるのにこの対応策は『はっ?』てなりますよね。

根本的な身内を売ったメンバーを解雇することが、最善の対応策だと僕は感じましたね。

NGT48山口真帆暴行事件のまとめ

■2018年12月8日に自宅前で20代の男性二人に襲われた。

■支配人である今村悦郎氏に、暴行事件を報告。

■悪いことをしてるメンバーを解雇クリーンなグループにすると約束される。

■1ヶ月経っても何も変わらない⇨動画で涙ながらに訴える。

■暴行事件が明るみに出る。

被害に遭われた山口真帆さんが1日も早く笑顔でアイドル活動ができる日が来ることを願います。

最後まで読んで頂きありがとうございました。