新年早々、大変痛ましいショッキングなニュースが、報じられました。

埼玉県の新座市にある、コンビニの『セブンーイレブン新座大山田3丁目店』のトイレに新生児が産み落とされるという信じられない事件が起きました。

何故、このような事件が起きてしまうのか?この事件に対しての、みんな声をまとめてみました。

コンビニトイレに新生児が?事件の概要

2019年1月24日、午後1時20分頃、埼玉県新座市の『セブンーイレブン新座大山田3丁目店』で、トイレを利用しようとした男性客が、洋式便所の蓋を開けたところ、便器の中にへその緒がついたままの新生児を発見した。

男性客が、コンビニの男性店長に知らせ、男性店長が110番通報した。

保護された新生児は、病院に搬送されたが幸いにも、命に別状はないという。直前に、同店に来店した女性が数十分間トイレに閉じこもっており、この女性が、産み落としたとみて警察が、保護責任者遺棄の疑いもあるとみて、女性の行方を探しています。

スポンサーリンク

新生児が不憫でならない!コンビニトイレに産み落とされた:皆んなの声

■子供を産み捨てる女に、死刑を科す刑を作って欲しい。やってることは殺人と同じ。

便器の中という不衛生なところに、新生児を産み落として、置き去りにする女って何者?水に浸かって寒かったろうに、腐りきった悪魔のような女、は厳罰に処して欲しい。

■自分のお腹から、産まれた子供をなんだと思ってるのか?コンビニは赤ちゃんを産み捨てる場所ではない。

タオルに包んで、隅に放置ならまだしも、便器の中に放置って完全に殺人未遂。

やはり、厳しい声がたくさん上がっています。便器の中に新生児を産み落として放置という行為は殺人未遂と同じだと僕も思います。便器の中には、水が貼られているし、新生児の頭が水の中に浸かってたら溺死してたでしょう。

しかし、命が助かって、本当によかったと思います。

厳しい声がたくさんありますが、中には新生児を産み落とした、女性を擁護する声も上がってます。どういったモノなのかまとめて行きますね。

■母親が見つかったら、母親の体と心のケアをしてあげて欲しい。

■産み落とした母親のことも気がかりです。普通は出産直後は、絶対安静、大出血すれば命に関わります。

こういった事件は、女性からや、女性のみを批判するのはよくない。彼女のような人間を秘密裏に受け入れる、病院や保護施設が必要。非難されるべきは、女性たちに背負わせて逃げている、男性たちだと思う。

■人気も多く、防犯カメラのあるコンビニで、出産したのかな?子供を育てられない何らかの事情があり、子供を思う母性はあったのかなと思います。公衆トイレなら助かっていなかった。

心配なのは、子供を産んだ母親の身体は、大丈夫なのか気になります。出産は産む方も、産まれてくる方も命がけな訳で、命をかけて産んだ我が子を便器の中に放置したことは、許されることではありませんが、母親もどうか無事でいて欲しいものです。

僕の意見や感じたこと

寒い季節に、コンビニのトイレに、新生児を産み落とし、そのまま放置するという信じられない事件で、母親を批判する声が多数見受けられますが、今の現段階では、どういった背景があるのかもわからないし母親を批判するのはよくないかな?というのが率直な意見ですね。

もしかしたら、強姦された事実を誰にも打ち明けられず、妊娠し出産したのかもしれないし、大事なのは罪を犯した母親を攻めるのではなく、コンビ二のトイレで、『新生児を産み落とす』に、至った背景に注目しなければならないんじゃないかなと感じました。

コンビニには多数の、防犯カメラがあるので、母親の特定は時間の問題かと、思われます。母親の回復を待って、事件の背景の解明が待たれます。
また、詳しいことがわかり次第、追記していきたいと思います。