バイトテロ最近よく聞くようになった言葉だ。くら寿司のアルバイトの学生が、SNSにあげた不適切動画が、炎上して世間を騒がせている問題だ。

不適切動画をあげた本人たちは、只の悪戯のつもりだったのかもしれないが、企業に与えた損害は計り知れない。高額賠償される可能性も大いにある。

重すぎる悪戯の代償など、ネットの声をまとめてみた。

バイトテロ!くら寿司炎上動画問題について!

くら寿司 不適切動画 炎上

              引用元:https://www.mag2.com/p/news/385883

問題となっているのは、くら寿司でアルバイトとして働く、高校生がSNSにあげた動画で、その内容は店内の調理場で捌いた魚を、ゴミ箱に捨てそして笑顔でその魚を拾い上げ、再度まな板の上に乗せたというものだ。

この動画には『きちがいではないって』という、文字も記されていたという。この動画について、くら寿司は『この動画により、お客様には大変不快で不安な思いをさせてしまいましたことを、深くお詫び申し上げます。』と謝罪。

また、問題の動画にあった魚は、その場で廃棄処分しており提供していないことを、確認したとしている。

こうしたバイトテロと称される、アルバイトによる不適切動画をSNSにあげて炎上すると問題があとを立たない。

スポンサーリンク

アルバイトによる不適切動画の炎上問題がなくならない理由は?

SNS 炎上

        引用元:https://taa-channel.com/kurasushi-songaibaisyou-ik…

バイトテロと称される、アルバイトによる不適切動画・炎上問題がなくならない理由について考えてみる。

くら寿司での、不適切動画が炎上し、問題となっている最中にも不適切動画を、投稿する若者が後を立たない。

■コンビニ大手のセブンイレブンでは、商品であるおでんのしらたきを口に含み、元に戻す動画が投稿された。

■中華ファミリーレストランの、バーミヤンでは厨房で調理中に中華鍋から上がる炎で、タバコに火をつけ喫煙する動画が投稿された。

■カラオケボックスのビックエコーでは、調理前の唐揚げを床に擦り付けて、揚げている動画が投稿された。

いずれの動画についても、企業側が謝罪メッセージを出している。

このような不適切動画が、インターネット上に投稿され炎上問題がなくならないのは、スマートフォンとSNSの普及による、時代背景だろう。誰もが簡単に写真や動画がとれ、発疹もしやすくなったことだろう。

過激な動画などを、発信することによって虚栄心を満たし、非日常な注目を集める、悪ふざけは、もはや悪戯の域を超えている。

不適切動画を、撮影・行った者に対しての責任追及が甘かったのも、虚栄心を満たす愉快犯が生まれ易い環境も、不適切動画の炎上問題がなくならない理由ではないか。

バイトテロ!くら寿司炎上動画問題の高額賠償の可能性は?

くら寿司 高額賠償

             引用元:https://genkimura.net/kurazushi-baisyou/

不適切動画を、インターネット上に投稿し炎上したことにより、企業の信用はガタ落ち、株価も暴落し、今回問題になった、くら寿司は1日で27億円もの被害を受けた。

元東京地検特捜部の、若狭勝弁護士によると『株価の下落は、賠償額を考慮する材料になる。収益源との因果関係が立証されれば、かなり(高額)の額を求められる可能性がある。』と言う。

『アルバイト中の出来事に、親の監督責任はないとみられ、未成年でも賠償責任を問われる可能性が高い。また動画撮影者も実行犯と同罪という』

具体的な損害賠償額の報道は、まだないが過去には1000万の請求事例も出ている。ここまで大きく報じられてることもあり、言葉は悪いが見せしめにされることも考えると1000万では済まないかもしれない。

1000万でも高額だが、株価の損失なども含めると、億単位の高額賠償額の可能性もあるだろう。

不適切動画を投稿した本人たちは、軽い悪戯のつもりだったのかもしれないが、軽い悪戯の代償は重すぎる。

スポンサーリンク

バイトテロ!くら寿司炎上動画問題のみんなの声

バイトテロによる、不適切動画炎上問題について、みんなの声をまとめてみる。

■アホが人生を棒に振るのは当然の報い。

ネットの怖さをもっと認識しないと駄目。

■バイトをカメラで監視するべき。

■バイトテロに対して、企業は漠然とした対応で臨み、容赦なく刑事、民事で訴訟するべき。

■社会の厳しさを教えるべき。お金を稼ぐ大変さを思いすらせるべき。

■きっちり賠償して責任を取らせるべき。

■本人たちは、悪戯と思っているかもしれないが、これは犯罪だ。厳罰にする必要がある。

■これはもう立派な犯罪だ。自分のしている行動が、どう影響していくのかしっかり考えて欲しい。それが最低限の社会のマナー。

■逮捕は難しいにしても民事で、高額請求の見せしめにして欲しい。

 

今に始まったことではないが、過去にもバイトテロによる不適切動画で、炎上する問題があったが、企業側が厳しい対応を取っていなかったのも原因の一つではないか。

今回、くら寿司の訴訟により見せしめになり、抑止力になることを願うばかりだ。

バイトテロ!くら寿司炎上動画問題!高額賠償の可能性もある?の個人的な意見

過去にも、アルバイトによる、不適切な動画がSNSにあげられ問題になって、ニュースになることもあったが、バイトテロについて個人的な見解・意見を祝えてもらう。

まず最初に、バイトテロによるくら寿司の炎上動画を見て思った事だが、またアホな奴が出てきたな。ネットの怖さを知らないんだろうなとも感じたが、それ以前に一番腹がたったのが、食べ物を粗末にしてることに怒りが込み上げてきた。

食べ物のありがたみをわかっていない。簡単に食べ物が手に入る時代だからか、余りにも酷すぎる。

言葉は悪いが、見せしめにされて、億単位の高額な損害賠償を請求されたらいいねんと思った。どのみち親に泣きついて払ってもらうのかもしれないが、親も突き放して『全額賠償金を、払うまで親子の縁を切る』というくらい厳しくしないと、反省しないだろう。

こ騒動によって、リストラされるくら寿司の社員もいるかもしれない。リストラされた社員の家族が、路頭に迷うかもしれない。そう考えると、炎上動画に関わったアルバイトの家族も路頭に迷うべきだとも感じた。

やった本人たちは、ただの悪戯のつもりだったのかもしれないが、くら寿司に関わっている人たち、数多くの人たちの人生を狂わせるかも知れないということをわからせる為にも、泣いて土下座をするような、厳しい処罰をくら寿司には下して欲しいと願う。

個人的な意見なので、厳しいことを書いたがこういったバイトテロによる炎上動画がなくならない理由や背景を考えるべきだ。

誰でも簡単に、写真や動画を発信できるアプリを作ったのは、我々大人なのだから、楽しいことだけではなく、ネットの恐ろしさなども教えるべきだと思う。

常に時代は変化しているのだから、SNSやネットの恐ろしさなどを、学校の授業で取り上げるべきだ。