2017年に、NHKの『おかあさんといっしょ』の歌のおにいさんである、だいすけお兄さんが卒業を発表し、だいすけお兄さんロスとなり話題となった。

 

3月が近づいてくると、毎年話題になるのが歌のお兄さん・お姉さんの卒業問題だが、忘れてはならないのが体操のお兄さんだ。多くの人の記憶にあるのがひろみちお兄さんだ。

 

ひろみちお兄さんの後任として、ヨシお兄さん(小林よしひさ)が、2005年から11代目体操のお兄さんを務めていた。歴代最長である14年務めたが2019年3月29日を持って卒業となる。

 

ヨシお兄さんが卒業となれば、気がつけば嵌っていたという大人も多い“ブンバボーン”やすりかえ仮面も終了となり哀しみの声が多数上がっている。

大人も嵌ってしまうブンバボーンが終了!

そもそもブンバボーンって何?ってなる人もいるので簡単に説明しよう。

 

NHKのおかあさんといっしょの番組の最後にヨシお兄さんを中心にやる体操で2014年3月31日の放送から体操が『ぱわわぷたいそう』から『ブンバボーン』に代わり、5年続いた体操になる。

 

“ブンバボーン”の言葉の意味は造語であり、『エネルギーが元気いっぱいにはじける様子』を表現したものになる。

 

子供向けの番組とはいえ”ブンバボーン”に嵌ってしまう大人もいるのだとか。曲名や歌詞だけ見ると、ん?と思うが一度聞いたが最後気がつけば口ずさんでいる自分がいた。

 

子供向けの番組だから、ん?と思うのは当然か。気になる歌詞の内容はこちら。

 

「ウッ!ハッ!・・・・ハッ!」

耳を澄ませば 地球の音がドン!ドン!ドン!ドン!聞こえる~
(伸ばして~ もう一度~)

こころ弾ませ 面白いことを探しに行こうよ ブンバ・ボン!
(行くよ!)

ブンバボンボンボ ブンバボン (反対)
ブンバボンボンボ ブンバボン (まえ〜)
ブンバボンボンボ ブンバボン (うしろっ)
ブンバボンボンボ ブンバボーン

(たまご!次はさかな! (さかな!))
(さかな!そしてとかげ!(とかげ!))
(とかげ!からの ブンバボーン!)

(じゃあ座って~。たまごを作りますよ)
たまごがひとつ たまごがふたつ ぱんだのお目めが つけまつげ!
ひらひらひらひら ひらひらひらひら ひらっ ひらっ

(さあ、きしゃに乗って しゅっぱーつ!)
がたごとがたごと(がたごとがたごと)
がたごとがたごと(がたごとがたごと)(早くなるよ!)
がたごとがたごと がたごとがたごと(もっともっと!)
がたごとがたごと がたごとがたごと(さあ、手を付いて~)
トンネル ぽっぽー! (はんたーい)
トンネル ぽっぽー! (腰を上げて手をふるよー)
トーンネル トーンネル わーお! (はんたーい)
わーお! (立ちあがって)
アルパカぱっかぱっか ちょっとオカピ~ (はんたーい)
アルパカぱっかぱっか ちょっとオカピ~ (伸ばして、伸ばして 早くなるよー)
アルパカぱっかぱっか ちょっとオカピ~
アルパカぱっかぱっか ちょっとオカピ~
ミーアキャットが フラミンゴ~ (おーとっとっ・・!!)

(さあ、お兄さんに付いてきて 走るよ~)
さあ 見つけに行こう ぼくらの たからもの この地球のどこかに きっとあるはずさ
ちょっと 止まってみたり(はいじゃあ 止まってー)
ゆっくり歩いてみたり (ゆっくり~)
急いで走ってみたり (走って~)
もいちど止まってみたり(止まって~)
トンネル覗いてみたり (トンネル覗いて おーい!)
みんなで探そう (じゃあ前を向いて 元気にいくよ)

ブンバ・ボン って走って行こう
ブンバ・ボン って元気にいこう
ブンバ・ボン って空に歌えば
心がわくわくしてくるよ

ウ~ ハッ!

ブンバボンボンボ ブンバボン
ブンバボンボンボ ブンバボーン
ウ~・・・・(せーの)
ハッ!

2歳の娘がいるが、ブンバボーンの曲が流れると、テレビに釘漬けになり楽しそうに踊ってる姿を見ると微笑ましくなるのだが、ヨシオお兄さんが卒業してブンバボーン が終了しブンバボーン を踊る姿が見れなくなるのは哀しい。

 

歌詞が独特なのだが、知らぬ間に口ずさんでいることも多く、周りから白い目でみられることもあった。“アルパカ・パカパカちょっとオカピー”とか耳から離れず口ずさんでしまう自分がいる。

スポンサーリンク

ヨシお兄さんが卒業で悲しみの声が多数!

よしお兄さん

         引用元:http://yokoyamadaisuke-fan.com/6711.htm

ヨシお兄さんで11代目となる体操のお兄さんだが、ヨシオお兄さんを除けば8代目の体操のお兄さんを務めた瀬戸口清文さんが、13年間と1位だったがヨシオお兄さんが14年間となり歴代最長となり記録を塗り替えた。

 

名前:小林よしひさ

生年月日:1981年6月29日

出生地:埼玉県ふじみ野市

身長:174センチ

血液型:AB型

引用元:Wikipedia

埼玉県立朝霞高等学校時代に、剣道を経験しており、その後日本体育大学体育学部へ進学。卒業後2002年5月に開催された『おかあさんといっしょ』ファミリーコンサート〜元気一杯!たまたまご〜にエキストラで出演している。

 

当時の体操のお兄さんの弘道お兄さんは、大学の先輩であり大学時代から面識があった。

 

ツイッターでもヨシお兄さん卒業に哀しみの声が多数ツイートされている。一部を紹介する。

 

 

 

 

 

 

こうしてみて見ると子供だけでなく、大人(お父さん・お母さん)にも愛されていたんだってことがわかる。涙を流してヨシお兄さん卒業を悲しむ声(ツイート)が多数だ。

スポンサーリンク


 

ヨシお兄さん卒業!ブンバボーン から『からだ☆ダンダン』へ

ヨシお兄さんが卒業でブンバボーン 体操が終了となれば、気になるのは次の体操だ。新しい体操は『からだ☆ダンダン』どう言った体操かと気になるが、四股を踏むなどの動きを取り入れた体操で4月1日の放送で披露される。

 

作曲を担当したのは小杉保夫さん(こすぎやすお)で、代表曲は郷ひろみさんの『お嫁サンバ』他にもアニメクレヨンしんちゃんの『オラは人気者』も手掛けており、曲を聞いただけで思わず踊りたくなるような曲になりそうだ。

 

最後になるが、あなたは気づいていたか?よし、お兄さんなのか・よしお、兄さんなのか。

 

今までずっとよしお、兄さんだと思っていた。名前がよしひさ、なのになんでよしお、やねんと思っていたが、よしお兄さんだったんだな。表記がややこしい(笑)よしお兄さん14年間お疲れ様でした。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。